悠木碧はガキの使いに子役時代出演で品川の頭に足?

声優

今回は声優の悠木碧の子役時代について調べてみました。

悠木碧は人気アニメ『魔法少女マドカマギカ』鹿目まどか役を演じたことで有名な声優だね。

そのほかにもたくさんのアニメキャラクターの声を担当しているよ。

スポンサーリンク

悠木碧がガキの使いに子役として出演?

悠木碧と言えば、声優として有名ですが実は子役として活躍していました。

悠木碧と言えば、声優として活躍しているイメージが強いけど、子役としても活動していたんだね。

子役時代は芸名「悠木碧」ではなく、本名の「八武崎碧」の名前を使用していました。

4歳で芸能界入り。子役として映画やテレビドラマに出演していた。

1999年から2002年にかけてフジテレビ系列のバラエティ番組『やっぱりさんま大先生』『あっぱれさんま大先生』にレギュラー出演。

wikipediaより抜粋

小学校5年生の時にはじめて代役として『キノの旅』のオーディションに合格し、「さくら」の声を担当したね。

悠木碧が子役時代に『ガキの使いやあらへんで』に出演したことが話題になりました↓

悠木碧と『ガキの使いやあらへんで』とに接点を感じないから、意外だね。

品川の頭に足を置いているのはびっくりだね(笑)

悠木碧は特撮ドラマ『仮面ライダー555』にも出演しています↓

子役時代の悠木碧の印象についてネットの反応は以下のとおり↓

  • 明石家さんまあっぱれさんま大先生
    自分のことを「あおちゃん」ってよんだり
    自分が可愛い発言がすごく可愛かったです^
  • もう、消されてしまいましたが、前にyoutubeに花澤香奈さんのさんま大先生と一緒にアップされていました。
    そうですね、子供の時はみんな少なからず自分可愛いと思ってるので、それがナルシストに入るかどうかわかりませんが、自分大好きっ子の印象を受けました。

子役時代の悠木碧については少しナルシストっぽく感じた人がいるみたいだね。

現在、悠木碧は子役から女優の道は選ばず、声優として活躍しています。

悠木碧の声の特徴は様々な声を使い分けることができ、時には少年の声まで担当しています。

悠木碧のイントネーションは、「悠木節」と言われ、その独特な声や演技力の高さが評価されているね。

声優としては多くの賞も獲得しています↓

  • 2011年10月に「Newtype×マチ☆アソビ アニメアワード2011」の声優主演女優賞
  • 2012年3月に「第6回声優アワード」で歴代最年少(19歳)の主演女優賞
  • 日刊スポーツ第1回日刊アニメグランプリでMIP女優声優賞

どんどん人気声優としての地位を確立する裏には、子役時代に培われた経験が生きているのかもしれませんね。

以上、悠木碧の子役時代についてまとめてみました。

声優
DMOをフォローする
気になる話題と最新情報ニュース

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.