山田裕貴の父親・山田和利はカープのプロ野球選手?母親や妹は?

俳優

山田裕貴と言えばドラマや映画、舞台で活躍するイケメン俳優。

2011年にテレビドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優デビュー。

その後もドラマや映画の出演を重ね、2017年には映画だけで14本に出演。

2019年には舞台「終わりのない」で文化庁芸術祭賞新人賞を受賞。

今回はそんな、幅広い分野で活躍する山田裕貴についてはもちろんのこと、元プロ野球選手と噂される父親や母親、妹についても紹介していきます!

スポンサーリンク

山田裕貴の家族構成

SNSを見る限り山田裕貴の家族構成は、父親、母親、妹、本人の4人。

家族みんなで山田裕貴を熱烈に応援しているようですね。

そんな中でも特に、妹さんとの出来事はよくTwitterでも取り上げられています。

家族との仲の良さがうかがえますね。

スポンサーリンク

山田裕貴の父親はカープのプロ野球選手?

山田裕貴の父親は広島東洋カープなどで活躍した、元プロ野球選手の山田和利です。

山田和利は1983年のドラフト会議で、東邦高校から中日ドラゴンズに指名を受け、入団。

その後1991年にトレードで、広島東洋カープに移籍し 1995年には、内野手としてチームの2位躍進に貢献。

1996年に再び中日ドラゴンズに移籍するも、故障によりその年に引退。

引退後は、コーチや球団のフロントを務めました。

現在は広島東洋カープの一軍内野守備・走塁コーチを務めています。

一軍では一塁コーチも務め、一塁コーチャーとしての働きぶりも注目されています。

スポンサーリンク

山田裕貴が野球選手の夢を断念した理由

父親がプロ野球選手であった影響からか、山田裕貴は小学校と中学校で野球をやっていました。

しかし中学生の時に、プロ野球選手である父親と自身を比べ、自分のレベルではプロ野球選手にはなれないと感じ、野球を続けるのを断念しました。

この野球を断念したという挫折が、俳優と仕事をやり遂げようというモチベーションにもなっています。

俳優となり、地元の名古屋ドームで始球式を行なった際には、始球式を行うのが夢であったと語っており、野球への熱い思いを持ち続けていることがわかります。

身近にプロ野球選手がいたからこそ、プロ野球の厳しさを知り、早いうちに野球を断念したのだと思われます。

スポンサーリンク

山田裕貴の母親の職業は?

山田裕貴のSNSからも、母親が山田裕貴の熱烈なファンであることがよくわかります。

出演作品のチェックや、イベントへ直接足を運んだりしています。

母親は一般人なので、なんの職業かはわかっていませんが、イベントに行けるほど時間に余裕はあるようです。

もしかすると専業主婦なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

山田裕貴の妹は?

テレビ番組で山田裕貴が紹介された際に、妹さんも出演しておりました。

妹さんからは「裕くん」と呼ばれているそうです。

SNSからも兄妹の仲の良さが伝わってきます。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.