織田信長の家紋・旗の意味や由来は?きゅうり?足利義昭との関係は?

未分類

「織田信長 」の画像検索結果

織田信長の家紋や旗の意味や由来について調べてみました。

織田信長の家紋・旗の意味や由来は?きゅうり?足利義昭との関係は?

戦国時代の武将は、先祖代々受け継がれた家の家紋だけでなく、複数の家紋を使っていました。

例にもれず、織田信長もその一人で、7つの家紋を持っていたと言われています。

本来の「家紋」の意味とは、武家の出身地や地位など表す身分証明書でした。

元々は天皇や皇族が着物に使った紋様を自分の牛車と見分けがつくように、牛舎にも使ったのが始まりです。

それでは織田信長の7つの家紋を見ていきましょう。

織田木瓜紋

貼り付けた画像_2016_04_03_7_46

織田桐瓜紋は織田信長の家紋の中で一番有名な「織田木瓜(おだもっこう)」の家紋です。

一番有名なだけでなく、織田信長が一番使用されています。

織田信長が使用した家紋としてドラマや映画などで現代人にもよく知られ、織田信長の定紋とされました。

木瓜紋は日本でも多く使われる五大紋の一つで、瓜を真横で輪切りにした模様が鳥の巣の卵に見えるなどの理由から子孫繁栄を表す紋だと言われています。

織田信長がこの紋を使用するようになった由来は、織田信長の父・織田信秀(おだのぶひで)時代に尾張守護の斯波氏(しばし)から受け継いだとされていますが、斯波氏が家紋にしていたのは桐と二引両なので、別の資料などから越前・朝倉氏から譲り受けたという説が現在は有力視されています。

織田信長家紋 五つ木瓜織田木瓜/おだもっこう)意味 木瓜紋(もっこうもん)は、もとは 越前朝倉氏の紋ですが織田家が朝倉氏の豪族の時にもらいました。 朝倉氏の三盛木瓜 を 信長が変形させて、このような織田木瓜となってます。 ちなみに木瓜は「ボケ」とも読み、ボケという名の植物が実際あります。

外郭の数が5つあることから、五瓜木瓜(ごかもっこう)とも呼ばれています。

由来は、瓜の断面説や花の形をしているという言い伝えはありますが、はっきりとした由来はいまだにわかっていません。

一般的には、鳥の巣に似ているため、子孫繁栄と考えられることが多いです。

現在でも八坂神社や祇園社で使われており、格式高い家紋です。

永楽通宝紋

 

永楽通宝紋は、織田信長が旗印として使用したことで有名です!

この紋も現代人には戦国時代物の戦シーンなどの旗印に描かれているので良く知られている紋です。

永楽銭は室町時代に日明貿易によって中国から大量に輸入され、江戸初期まで実際に流通していました。

織田信長が気に入って使っていたと思われ、黒田官兵衛(くろだかんべえ)・仙石秀久(せんごくひでひさ)など数名の家臣にこの紋を与えています。

永楽通宝と言えば、日本史の授業にも必ず出てくるワードですね。

永楽通宝紋は、中国の明から輸入された通貨「永楽通宝」を図案化したものです。

永楽通宝は貨幣として、江戸初期まで流通していました。

経済政策・商業政策を行っていた織田信長らしい家紋ですね。

五三桐瓜紋

貼り付けた画像_2016_03_18_13_11

天皇家の家紋として有名な「五山桐」。

織田信長が足利義昭(あしかがよしあき)を上洛させ、将軍職に就任させたときの恩賞として与えられたものです。

元々、足利家が天皇から賜った高貴で由緒ある紋で、織田信長の肖像画の裃にも描かれています。また、豊臣秀吉も朝廷から賜り、桐紋を使用しています。

五山桐の家紋は織田信長の肖像画の肩にも描かれているので、知っている人も多いと思います。

「織田信長 」の画像検索結果

織田信長は、この「五山桐瓜紋」を足利義明から貰っています。

足利家は後醍醐天皇から五山桐を後醍醐天皇から貰っており、由緒正しい家紋です。

因みに、豊臣秀吉が当時貰ったのは「五七桐」です。

丸に二引両紋

marunifutatsuhiki__1_

織田信長が足利義昭を上洛させ、将軍職に就任させたときの恩賞として五三桐紋と一緒に与えられた紋で、代々、足利将軍家の紋であり、足利家の権威の象徴でもある紋です。

丸に引き両も五山桐と同様に、足利将軍家の家紋です。

引き両紋は龍をかたどった紋と言われています。

十六葉菊紋

nc42433

十六葉菊紋は織田信長が正規町(おうぎまち)天皇から貰った家紋です。

菊の御紋はもちろん、現代人でもよく目にする皇室の御紋です。

「寛政重修諸家譜」の記録には誰がもらったと詳細に書かれていないらしいですが、「長篠合戦図屏風」にも描かれているので織田信長が当時の天皇から賜ったものだと推測されています。

十六葉菊紋は、承久の乱で有名な後鳥羽天皇が使用したことをきっかけに、皇室の家紋となっていきました。

織田信長が当時の皇室と親密な関係だったことが分かりますね。

揚羽蝶紋

 

この揚羽蝶紋は、室町時代から平氏の定紋として知られています。

当時、織田信長は自身が平氏の血筋だと流言として広めたかった思惑があり、この紋を使っていました。

この揚羽蝶紋は元々は平氏のかもんです。

しかし、織田信長は自分の平氏の血筋であるということで、使用していました。

織田信長が自身が平氏の血筋であるといったのは、当時、次に天下人になるのは、平氏側の人間だと信じられていたからのようです。

無文字紋

貼り付けた画像_2016_04_03_7_58

「無文字紋」は漢字の「無」を崩した家紋です。

禅の教えがルーツとなっています。

この文字は仏教の禅の世界観である「無」を表しています。

しかし、織田信長がこの無文字紋を使用した形跡は一度も確認されず、「寛政重修諸家譜」に記述されているだけです。

実際に織田信長が無文字紋を使っていたのかは不明です。

織田信長の城はどこ?滋賀県の琵琶湖?愛知県名古屋市?

「織田信長」の画像検索結果

今回は、天下人になり損ねた男織田信長のが居城とした「那古野城、清洲城、小牧山城、岐阜城、安土城」について書いてみました。

ちなみに、「信長は天下人」という説もありますが、勢力が日本全土に及んでいない、征夷大将軍になっていないことを考えると天下人ではないと個人的に考えています。

那古野城から名古屋城へ

「那古屋城」の画像検索結果

織田信長の最初の居城です。

愛知県名古屋市にある城ですが、「名」ではなく「那」を使っています。

誤字ではありません(笑)

信長は1534年、この那古屋城で産まれたと言われています。もともとこの城は今川家の一族である今川氏豊の居城だったのですが、1532年頃、信長の父親である織田信秀がこの城を今川家から奪ったと言われています。

その後、信秀はまだ幼い信長にこの城を譲り、自らは新しく築いた古渡城へ移動しています。

織田信長はこの那古野城で生まれたと言われています。

織田信長の父親織田信秀が今川家の那古屋城をぶんどったんですね。

敵の城をぶんどる」って信長の父親らしいですね。

「那古屋」という名称は信秀が命名したと言われています。

1551年に信秀が急逝した後、家督を相続した信長は引き続き那古屋城を居城としました。

しかしその4年後、信長は一族の織田信友を倒した時、拠点を清洲城へ移しました。その後、信長は那古屋城を家臣に与えるもやがて廃城としています。

コチラの写真は那古屋城跡です。

現在那古野城はありません。

遠くに見えるのは、後に徳川家康が築城した名古屋城です。

那古城が廃墟になったときは、原野で鷹狩りができるほど荒廃していたようです。

「鷹狩」の画像検索結果

1609年、天下人となった徳川家康がこの地に目を付け、那古野城跡のまわりに名古屋城を築城します。

ちなみに信長の時代の那古屋城は、現在の名古屋城の二ノ丸から三ノ丸北部周辺が、その中心であったと推定されています。そして、三ノ丸に城下が広がっていたことが、発掘調査でわかっています。

現在は那古屋城を見ることはできませんが、どういった城だったのか気になりますね。

因みに肥前にある名護屋城とは別物です。

清洲城

尾張守護代の代々の居城であったが、1555年より信長の居城となりました。

織田信長が明智光秀に本能寺の変で討たれたあと、信長の後継者をだれにするかの会議いわゆる「清洲会議」が行われた場所です。

2013年には映画『清須会議』が上映されましたね。

「清須会議」の画像検索結果

その後継者決定のため織田家の筆頭家老の柴田勝家と後の関白の羽柴秀吉、重臣の丹羽長秀らが尾張、清州城で会議を行った”攻防の五日間”を軸に描く…

清須会議っていう名前ですが、5日間も会議しています(笑)

めちゃ長い会議ですね!

それだけ信長の跡取りを決めるのはどれほど重要事項だったか分かりますね。

清洲城は1610年、尾張徳川家(義直)が名古屋城に移った後、荒廃していきました。

小牧山城

「小牧山城」の画像検索結果

信長は1563年、美濃を攻略するために築城したのが小牧山城です。

この城は現在の愛知県小牧市(名古屋市の北側)に位置しており、1584年に秀吉と家康の間で行われた「小牧長久手の戦い」の際、徳川軍が本陣を置いた場所としても知られています。

信長が築城し、秀吉と家康が戦ったって凄いいわくつきというか、不思議な感じがしますね。

天下人になり損ねたの信長、天下人になった秀吉、家康が争ったんですね。

「小牧長久手」の画像検索結果

小牧長久手の戦いは日本史の教科書にも出てくる有名な戦いです。

1584年に家康が信長の息子信雄を助け秀吉に対抗し、尾張の小牧・長久手で戦いました。

この戦いでは秀吉が負けたとも言われていますが、最終的に互いに実力を認め、調和しています。

「家康 秀吉」の画像検索結果

この城が建てられた小牧山は、濃尾平野で唯一の独立した丘陵という特徴がありました。

周囲から見ると島のような感じであるこの城はからは濃尾平野が一望でき、美濃国を治めていた斎藤氏の居城である稲葉山城の様子も伺う事が出来た事でしょう。

そして1567年、美濃を制圧した信長は居城を岐阜城に移すと同時に、4年間もの間拠点としていた小牧山城を廃城にしています。

「小牧山城 公園」の画像検索結果

現在は小牧城は、公園となっており、城はありません。

また現在、山頂には天守閣風の建物がありますが、1967年に作られたもので、戦国時代につくられたものではありません。

稲葉山城から岐阜城へ改名

「岐阜城」の画像検索結果

岐阜城は元々、稲葉山城という名前で戦国大名斎藤道三の居城でした。

斎藤道三は「美濃をまむし」という異名を持つヒールなイメージの強い大名です。

「斎藤道三」の画像検索結果

→【関連記事】斎藤道三の家紋は?最期は息子に討たれる?元々は油売り?名言は?

正確に言うと、長井氏の養子だった齋藤道三が長井氏からもらった城です。

1567年に斉藤道三の息子竜興を討ち、美濃を攻略した織田信長は、城の名前を「岐阜城」と改名しました。

ちなみに、信長は斎藤道三の代のときにも稲葉山城を攻略しようとしましたが失敗しています。

稲葉山城から岐阜城と名前を変えたあと、信長は岐阜城の城下町で楽市楽座を実施しました。

楽市楽座はそれまで一部の特権階級しか商売が出来なかった「市座」を閉鎖し、商品取引の拡大・円滑化を図った政策のことです。

楽市楽座は簡単にいうと、「誰でもここで商売やってええでーーー」ってことですね!

1576年に安土城を開くまで織田信長の居城となりました。

安土城

「安土城 イラスト」の画像検索結果

織田信長の居城の中で一番有名な城ではないでしょうか。

織田信長が開いた安土桃山時代の中にも「安土」という名前が入っていますね。

1576年に信長が近江(現在の滋賀県)の山の上に築いた最初の近世的城郭です。

山の上を選んだのは責められにくいからという理由でしょうね。

信長滅ぼした六角氏の観音寺城など、付近の上席から資材を運び築城しました。

安土城の五層七重の天守閣は、1579年に完成しました。

しかし、1582年、本能寺の変後に焼失しました。

「本能寺の変」の画像検索結果

現在では安土城を見ることができないのが残念ですね。

以上が織田信長にゆかりのある5つの城です。

現在ではなくなってしまった城もありますが、跡地として観光出来たりもするので、行ってみる価値はありますね!

別記事では織田信長の家紋についても調べていますので、参照ください!

→【関連記事】織田信長の家紋・旗の意味や由来は?きゅうり?足利義昭との関係は?

明智光秀の家紋の意味や読み方は?日光東照宮にある?

「明智光秀」の画像検索結果

明智光秀と言えば、織田信長を1582年6月21日に「本能寺の変」で倒したことで有名ですね。

しかし、明智光秀は、「柴田勝家」「滝川一益」「羽柴秀吉」と並び、「織田四天王」の一人で、織田信長に絶対的な信頼を得ていました。

2020年の大河ドラマ『麒麟が来る』では明智光秀が取り上げられるようですね。

明智光秀役は俳優の長谷川博己が演じるようです。

「大河ドラマ 明智光秀」の画像検索結果

楽しみですね。

明智光秀の家紋は「桔梗紋」です。

「明智光秀 桔梗紋」の画像検索結果

桔梗紋は元々、美濃(現在の岐阜県)に一大勢力を築いた土岐氏が使用していた家紋です。

明智光秀の部隊は桔梗紋を記した水色の旗を使用していました。

「明智光秀 旗」の画像検索結果

桔梗紋の読み方は「ききょうもん」です。

桔梗の花は「吉凶を占う花」として使われており、桔梗の花を投げて、それを見て運勢が「吉なのか、凶なのか」を占いました。

やがて、「吉凶」という言葉から「桔梗」となり、花の名前として定着しました。

桔梗という文字の木偏を取り除くと、「吉」と「更」という文字になります。

そのため、「更に吉」という意味と捉えられ、演技が良いとされていました。

本能寺の変で、織田信長を倒した後、天下人となった明智光秀ですが、豊臣秀吉によって、1582年7月2日「山崎の戦い(合戦)」で討たれてしまいます。

「山崎の戦」の画像検索結果

天下人になれたのはたったの11日(13日という説など諸説ある)間だけでした。

そのことから、「三日天下」という言葉が生まれています。

「三日天下」の画像検索結果

実際、明智光秀が天下を取ったのは三日以上ですが、「三日」とは三日坊主という言葉があるように少ない数を表す言葉として使われています。

そういうこともあって、その後明智光秀の家紋である「桔梗紋」は「裏切り者の家紋」ということで敬遠されていました。

桔梗紋を使用していた人物①:加藤清正

しかし、豊臣秀吉に仕えていた加藤清正は「蛇の目紋」と「桔梗紋」を併用して使っています。

以下の写真は、蛇の目紋です。

「蛇の目紋 加藤清正」の画像検索結果

本来「蛇の目紋」を家紋としていた加藤清正ですが、豊臣秀吉から肥後半国を与えられた際、失脚した「尾藤知宣」が使用していた桔梗紋をも与えてもらいました。

それ以降、加藤清正は「蛇の目紋」と「桔梗紋」を併用するようになりました。

また、加藤清正の前にも「桔梗の家紋」を使用していた武将や歴史上の人物は数人います。

桔梗紋を使用していた人物②:山本昌景

「赤備え 山本昌景」の画像検索結果

武田四天王の一人。

武田最強と言われた「赤備え」を率いてたことで有名。

織田、徳川連合軍との「長篠の合戦」で討たれる。

「赤備え」の画像検索結果

以下、赤備えの説明。

戦国武将・武田信玄が擁した戦国最強の騎馬軍団。 山県昌景が率いていたことで有名。 武田崩壊のちは、徳川家康の家臣・井伊直政に受け継がれることとなる。

簡単に言うと、朱色の甲冑を着た騎馬隊です。

山形昌景は当時めちゃくちゃ強い武将だったので、山県昌景の首は、武田軍との戦で一番の価値が付けられたと言われています。

因みに猛将で知られる真田信繫(幸村)や井伊直政が赤い鎧を身につけていましたが、これは山県昌景をリスペクトしていたからです。

桔梗紋を使用していた人物③坂本龍馬

「坂本龍馬」の画像検索結果

坂本龍馬は元々は、「丸に田紋」を使用していましたが、「組合角に桔梗紋」を使用していました。

以下の写真は田に丸紋です。

「田に丸紋」の画像検索結果

組み合い角」というのは、方角の八方を表していて結界のような意味があります。

「組合角に桔梗紋」は別名「組み合わせ角に桔梗」「違枡(ちがいますききょう)」とも呼ばれています。

なぜ、坂本龍馬が途中で「丸に田紋」から「組合角に桔梗紋」に変えたのかの理由ははっきりしていません。

一説によると、郷土坂本家が誕生するにあたって、新しく家紋を決めたと言われています。

「明智光秀 桔梗紋」の画像検索結果

「桔梗紋」は一時期は裏切り者の家紋として敬遠されていましたが、桔梗紋に秘められた意味には、「更に吉な上に、千勝の縁起が担げ、魔よけにもなる」という万能な家紋です。

因みに先に述べた家紋以外にも、「丸に桔梗」「八重桔梗」「結び桔梗」「裏桔梗」「三つ割り八重桔梗」「亀甲に桔梗」「五瓜に桔梗」「上がり藤に桔梗」などなど様々な組み合わせがあり、全部で70種類以上あります。

明智光秀の桔梗紋が日光東照宮にある?

「日光東照宮」の画像検索結果

ネット上では、日光東照宮に明智光秀の家紋「桔梗紋」がある話題になっています。

1.陽明門の門衛の袴の紋(裾に桔梗の紋らしきものが見える)

陽明門の門衛の袴の紋(裾に桔梗の紋らしきものが見える)

2.鐘楼の壁やひさしの紋(ひさしを支える柱などで確認できる)

鐘楼の壁やひさしの紋(ひさしを支える柱などで確認できる)

しかし、この2つは桔梗紋ではありません。

一つ目は織田家の家紋「木瓜紋」で二つ目そもそも家紋ではありません。

→【関連記事】織田信長の家紋・旗の意味や由来は?きゅうり?足利義昭との関係は?

桔梗紋は人気の高い家紋なので、いろんな人が使っていますが、残念ながら日光東照宮には使用されていませんでした。

それではHave a nice day!!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.