大泉洋の実家住所は真駒内・江別で金持ち?父親・母親・兄は?

俳優

大泉洋と言えば、北海道のスターと自称するほどの有名俳優だよね。

演技もうまいし、トークも上手いよね。

今回はそんな大泉洋の実家について調べてみたよ。

大泉洋の実家住所は真駒内?

大泉洋の実家は北海道にあるというのは有名だね。

 

北海道って一口にいってもかなり大きいよね。

どこに大泉洋の実家があるんだろう。

 

大泉洋の実家は北海道南区の「真駒内」にあると言われています。

真駒内の読み方は「まこまない」だよ。

北海道民にしか読めないね。

大泉洋の実家は江別?

大泉洋の実家は真駒内以外に、「江別」にあるのではないかとも言われています。

大泉洋は生まれは江別市ですが、小学校5年生の時に札幌の真駒内に引っ越したことが分かっています。

そのため、元々は実家は江別市にありましたが、現在は真駒内にあるというのが真相のようです。

大泉洋の父親「恒彦」

大泉洋の父親の名前は「恒彦」です。

大泉洋の父親は北海道高等盲学校などの校長を務めたこともあります。

教師時代は国語の先生をしていました。

大泉洋の実家には「食べられるか食べられないかは、食べて判断する」っていう家訓があるんだって。

父親が作ったらしいよ!

大泉洋の祖父

大泉洋の祖父は銀行員をしていました。

大泉洋は幼少期から大声で歌うことがすきで、中学時代もサザンオールスターズを歌っていたのですが、下手だったので、祖父にはよくヤジを飛ばされたようです。

そのヤジのフレーズが独特で、「味噌に下手な歌を聴かせると味噌がくさる」と言われていました。

ヤジの癖が強い。

大泉洋の中では実家の2階で歌を歌うと、1階の居間から祖父のヤジが飛んでいたことが思い出になっているようです。

大泉洋の母親「正子」

大泉洋の母親の名前は「正子」です。

母親は旭川市出身で中学校の英語教師として勤務していました。

大泉洋の両親は学校教育に携わっていたんだね。

大泉洋の両親は共働きですし、父親は校長も務めているので裕福な家庭だったでしょうね。

教師って忙しいから、あんまり外に出会いがないあから、職場の先生同士や先生コミュニティでの結婚が多いよね。

大泉洋の父親のエピソード

大泉洋の父親は番組で大泉洋について以下のように話したことがあります。

20歳までは親が育ててきた。20歳からは自分で成長しなさいと洋には言ってきましたが、20歳からの成長は彼自身のものではありません。皆さんが洋を成長させてきたのです。今後とも宜しくお願いします。」

すごいいい話だね!

しかし、大泉洋はこの父親の話について「聞いたことがない(笑)」と発言しています。

聞いたことないんかい!

父親は校長先生ということもあり、トークがうまいんだね。

現在、大泉洋のトークは父親譲りなんだろうね。

大泉洋の兄「潤」は早稲田大学出身の函館市役所の公務員

大泉洋には7歳年上の兄が一人います。

大泉洋と兄は結構年が離れているんだね。

兄の名前は「潤」で、早稲田大学を卒業しています。

早稲田大学ってことはかなり頭がいいんだね。

大泉洋の兄は、早稲田大学卒業後、函館市役所で公務員として働いていることが分かっています。

大泉洋の兄は函館市役所の観光宣伝課にいて、メディアにも出演したことがあるんだって。

大泉洋は兄のことを「優秀な兄」だと誇らしくおもっているんだって。

兄弟仲も良いみたい!素敵やん!

大泉洋は学生時代、兄に勉強を教えてもらっこともあるんだって。

大泉洋は「兄の説明が長くて、困った」と言っているから、兄は話好きな性格なんだろうね。

→【関連記事】大泉洋の兄潤は司法試験合格し弁護士?函館市役所公務員で早稲田大学卒

大泉洋の実家は金持ち?

大泉洋の父親は北海道の学校の校長先生、母親も教師ということもあって、金銭面ではそこまで困らない経済状況のようです。

大泉洋は両親が二人とも、教師ということもあって、大学では社会の教員免許を取得しているよ。

大泉洋が社会の先生だったら、めちゃくちゃ面白い授業をしそうだね。

大泉洋の実家は神社?

大泉洋の実家は神社と言われていますが、神社ではありません。

大泉洋の実家は神社と言われたきっかけは、大泉洋が『水曜どうでしょう』で「うち(実家)は神道」といっていたことから派生して「実家が神社」と噂になったようです。

すごい派生したね(笑)

以上、大泉洋の実家と家族についてまとめてみました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.