川後陽菜は有吉弘行が好き?あだ名・ゴリラ顔・整形・性格まとめ

アイドル

元乃木坂46で、現在はモデル、YouTuberや日本酒のプロデュースなど、多方面で活躍中の川後陽菜。

 

乃木坂46には第1期生オーディションに合格。

2011年にデビューし、2018年12月20日に卒業しました。

所属中も、川後Pという愛称で様々なプロデュースをしたり、ファッション誌『Popteen』で専属モデルを務めました。

 

卒業理由は20歳になり 初心に戻りがむしゃらにやりたい。乃木坂の活動を通してやりたいことが見つかった」と思ったことがきっかけだそうです。

 

そんな熱意あふれる川後陽菜さんについて、今回は気になる噂も含めまとめてみました。

川後陽菜の本名・年齢(生年月日)・身長・体重

 

この投稿をInstagramで見る

 

≋川後陽菜≋ (@hina_kawago)がシェアした投稿

プロフィール

  • 本名:川後陽菜(かわごひな)
  • 生年月日:1998年3月22日
  • 身長:161cm
  • 体重:非公開

乃木坂46は本名での活動を原則とするため、川後陽菜も本名です。

乃木坂46に入る前は青春女子学園という福岡を中心とするローカルアイドルとして活躍していました。
その時は川相陽菜(かわいひな)という芸名で活動していたようです。

相当のアニメ、アイドル好きのようで、「乃木坂工事中」ではミスiDについて熱く語ることも。
その甲斐あってか、2020年にはミスiD2020の選考委員に選ばれました。

川後陽菜は事務所フリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

≋川後陽菜≋ (@hina_kawago)がシェアした投稿

川後陽菜は現在事務所に所属せずに、アイドルやプロデュースの仕事をしています。

スケジュールなども自分で管理しているということで、やり手ですね。

 

モデルの他、『川後酒店』というという未来酒店と協力し、オリジナルブランドを展開しています。

また、最近では『M1unit Tokyo』というアパレルブランドを創設しました。

「媚びないでモテる」をコンセプトとし、「特別な日に着たくなる“自分のための“戦闘服」という願いを込めてデザインしたということ。

すでに様々なフィールドで活躍している川後陽菜。

ここでも新しい才能を存分に発揮できるよう、期待したいですね。

川後陽菜は有吉弘行が好き?

 

この投稿をInstagramで見る

 

≋川後陽菜≋ (@hina_kawago)がシェアした投稿

このインスタグラムのハッシュタグには「#有吉弘行様のおたく」と書いてあります。

これを見る限り、恋愛感情というより憧れという感じのようですね。

以前にも話題になったツイートがありました。

川後陽菜が、有吉弘行と乃木坂46メンバー高山一実のツーショットで顔ハメ写真をリツイートしています。

こちらには「嫉妬」と書かれていますが、やはり恋愛感情ではない様子。

 

川後陽菜は乃木坂46時代からあだ名をつける名人であり、有吉弘行と似た芸風でした。

そのため、親近感が湧き、憧れとなったのでしょうか。

これからも憧れの芸人として、有吉をネタにしていく可能性が高いと思われます。

川後陽菜のあだ名の由来は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

≋川後陽菜≋ (@hina_kawago)がシェアした投稿

川後陽菜のあだ名は川後プロデューサー、略して「川後P」です。

そのあだ名の由来は、乃木坂46のメンバーの特徴を上手く捉えたあだ名をつけるため、その能力から川後プロデューサーと言われるようになりました。

それでは乃木坂46のメンバーに、どのようなあだ名をつけてきたのか見てみましょう。

  • 白石麻衣「女神」
  • 生田絵梨花「常識知らずの変人」
  • 西野七瀬「おさわりの西野」
  • 秋元真夏「生ながらの釣りったん」
  • 高山一実「おばちゃんビューティー」
  • 深川麻衣「聖母」
  • 北野日奈子「女優じゃないほうのきいちゃん」
  • 佐々木琴子「棒読みの琴子」

白石麻衣や深川麻衣のような素敵なあだ名から、生田絵梨花や高山一実のような悪口に近いもの、北野日奈子のようないじりが入ったものまで様々。

絶妙に笑いを含めその人にぴったりなあだ名をつける才能は、まさに敏腕プロデューサーのようです。

現在でもプロデュース力を生かして活躍していることからも、川後Pのあだ名は納得でしょう。

川後陽菜はかわいいけどゴリラ顔?

 

この投稿をInstagramで見る

 

≋川後陽菜≋ (@hina_kawago)がシェアした投稿

モデルも務める川後陽菜ですが、一部から「ゴリラに似ている」と言われているようです。

この写真からもわかるように、とても目鼻立ちがはっきりした美人さんですが、なぜゴリラと言われるのでしょうか。

ゴリラ顔と言えば、以下の特徴がありますね。

  • 目鼻立ちがはっきりしている
  • 彫りが深い
  • 鼻が大きい
  • 目や眉同士の間隔が狭い

 

川後陽菜は確かに、こういった特徴に該当している気もします。

しかし、ゴリラ顔にそっくりではなく、ゴリラと似た特徴というだけです。

むしろ川後陽菜は、美形で日本人離れしたエキゾチックな顔立ちです。

川後陽菜以外にも、広瀬アリス、前田敦子等がゴリラ顔とよく言われていますが、やはりかなりの美人です。

 

川後本人もゴリラ顔と言われることをネタにして、前向きに捉えているようです。

また、人相学的にゴリラ顔の人は「情熱的で明るく陽気」と言われ良い印象を与えやすく、決して悪いことではありません。

川後陽菜は整形している?

 

この投稿をInstagramで見る

 

≋川後陽菜≋ (@hina_kawago)がシェアした投稿

調査してみたところ、川後陽菜が整形したという情報は出てきませんでした。

ただ「自撮りが可愛くて整形並み!」という声が多いようです。

自撮りが可愛すぎて詐欺レベルと言われているのが分かりますね。

仕事に一生懸命な川後陽菜ですから、アイドルの仕事の一つとも言えるSNSへの自撮りをアップを研究したのかもしれません。

整形?と思わせてしまう程の自撮りレベル。

さすが自分自身のプロデュースも欠かさず、能力を遺憾なく発揮していますね。

川後陽菜の性格は毒舌キャラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

≋川後陽菜≋ (@hina_kawago)がシェアした投稿

川後陽菜の性格を一言いうと「毒舌キャラ」と言われています。

乃木坂46のあだ名づけの内容からも感じられますね。

毒舌キャラというのは、他の人が言ってしまうと怒らせてしまう内容も笑いに変えられる天才とも言えます。

人を傷つけない程度を見極められるということは、とても空気が読めるということかもしれません。

ただの毒舌で人を傷つけることを言っていたのでは、人に嫌われてしまいます。

しかし、川後陽菜はフリーランスでも仕事が上手くいっています。

人に愛され、律儀で礼儀正しくなくては仕事がもらえないはずなので、裏では温厚な性格である証拠でしょう。

 

今回は、元乃木坂46メンバーで現在フリーランスとして活躍中の川後陽菜のプロフィールから噂、性格までまとめてきました。

これからも、川後陽菜から目が離せなさそうですね。

コメント