枕営業疑惑のあるジャニーズまとめ!嵐もHey!Say!JUMPも?芸能界の闇!

アイドル

ジャニーズ事務所は、ジャニー喜多川が創設した男性アイドル専門の

芸能プロダクションです。

2019年6月18日、社長のジャニー喜多川が6月18日救急搬送され、「くも膜下出血」で入院中であることが報道されました。

その発表は、5人組男性アイドルグループ「嵐」のCDデビュー20周年を記念した展示会「ARASHI EXHIBITION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会」にて行われました。

嵐のメンバーは、ジャニー喜多川が救急搬送された翌日の、19日に5人でお見舞いし、その後も各々のメンバーが時間がある時になるべく病室に通っているそうです。

嵐の他にもほとんどの事務所所属のタレントがお見舞いに通っているとのことで、とても愛されているジャニー喜多川ですが、そんな彼には以前から良からぬ噂があります。

なんと、事務所所属のタレントに枕営業をさせているというのです。

今回は、枕営業疑惑のあるジャニーズについてまとめていきましょう。

 

元光GENJI・木山将吾の枕営業の告発

光GENJIとしてデビューをする予定であった「木山将吾が、2005年に『Smapへ ―そして、すべてのジャニーズタレントへ』を出版しました。

この書籍の中で、木山祥吾は「僕はジャニー喜多川の愛人だった…」と、ジャニー喜多川からのセクハラを告発しました。

この木山将吾は、当時ジャニー喜多川の一番のお気に入りでした。

ちなみにジャニー喜多川の「お気に入り」という制度は今現在も続いております。

ジャニー喜多川に気に入られれば入所年数に関わらず、センターポジションで歌って踊れ、ドラマや映画に出たり、早くデビューができるのです。

木山将吾の始まりは、ジャニー喜多川からの頼みで、ジャニーズ事務所に所属している友人から事務所に呼ばれたことでありました。

するとジャニー喜多川は、「YOUならすぐにデビューできるよ!今度、雑誌の取材があるからYOUを出してあげるね!おいしい話をしてきたそうです。

この時点でよほどのお気に入りということだったのでしょう。

 

そんなことは知らない木山将吾は、ジャニー喜多川を信じ、ジャニー喜多川に連れられ合宿所へ行きました。

すると、一緒に風呂に入ることになり泡風呂で体を洗われたり、マッサージ、キスなどのセクハラを受けたそうです。

しかし、これだけでは終わりませんでした。

 

ジャニー喜多川はデビューをちらつかせながら2年もこの関係を続けました。

そしてついに木山将吾は、初めてテレビにデビューした直後、最後の一線まで超えてしまったのです。

それでもデビューのためにと耐え続け、木山将吾はようやくデビューが決まります。

 

ジャニー喜多川は、「次のデビューが決まったよ。グループ名は「光GENJI」。そこのメンバーにYOUは入るからね。佐藤も諸星も一緒だよ」と言いました。

 

その後、木山将吾は光GENJIとしてポスター撮りや取材を受けました。

しかし、写真には木山将吾の姿はなく消されていました。

 

ジャニーズの儀式注射・ホルモン注射とは?

木山将吾は光GENJIとしてのデビューが決まり、ポスター撮りや取材を受けていました。

そんな中、木山将吾は耳を疑う内容を聞いてしまったのです。

  • 「ジャニーさんが注射打ってくるんだよね」
  • 「あれって何の注射?」
  • 「ホルモン剤とかって本当?」
  • 「なんでホルモン剤なんか打つんだよ」

気になった木山将吾は詳しく話を聞きました。

すると、デビューをするためには、このホルモン注射を打たなければならないというのです。

その時、すでに木山将吾以外の全員がジャニー喜多川よりホルモン注射を打たれていました。

 

その後、一緒に光GENJIとしてデビューをする予定だった「諸星和己」から「次は木山くんだから。注射打たれる番」と言われました。

木山将吾は、今まで様々なセクハラに耐えてきましたが、ホルモン注射までは耐えられないと、その後合宿所に行くのを拒否しました。

ジャニー喜多川から合宿所に来るようにと連絡が来ましたが、木山将吾は応じなかったところ呼ばれなくなりました。

 

そして、木山将吾に連絡のないまま、木山将吾を除いた7人で光GENJIはデビューをしたのです。

この「ホルモン注射」の噂は、以前からありましたが、特に話題になったのは、光GENJIの「赤坂晃」の成長過程が不自然ということからでした。

結果、ジャニー喜多川は、少年たちに女性ホルモンを与え、いつまでもかわいらしく、きれいな状態でいられるようにしていたのです。

また、ジャニー喜多川はセクハラだけでなく、禁じられている医療行為まで行っていたという衝撃の事実があったとも言われています。

 

嵐の枕営業

嵐は1993年にデビューをした5人組のグループです。

また、2019年1月に、2020年12月末をもって活動休止することが発表されました。

ジャニー喜多川の入院を発表し、話題になった嵐ですが、枕営業について調べたところ情報はありませんでした。

しかし、元ジャニーズJr.より嵐がジャニーズJr.時代の新たな情報を得ることができました。

それは、1998年バラエティー番組「8時だJ」が放送されていた

ジャニーズJr.の黄金期と呼ばれる頃の話です。

8時だJに出演していたジャニーズJr.は、ほぼジャニー喜多川からのセクハラを受けていたそうなのです。

順番に部屋に呼ばれ、ある行為をされる、もしくはするように言われたそうです。

 

それでもジャニーズJr.達は、逆に呼ばれないジャニーズJr.をネタにして笑ったり、

  • 「ジャニーさんはなんだか憎めないんだよね。」
  • 「みんなから愛されているんだよね。」

と話をしていたそうです。

 

そうして、数人のジャニーズJr.は、デビューに向けて頑張っていたのでしょう。

嵐に関わらず、現在もジャニーズ事務所に所属している嵐と同年代のアイドルがジャニー喜多川の餌食になっていたことがわかりました。

 

Hey!Say!JUMPの枕営業

Hey!Say!JUMPは9人組のアイドルグループです。

2007年にワールドカップバレーボール2007のスペシャルサポーターを機にグループが結成され、デビューしました。

そんなHey!Say!JUMPの枕営業について調べてみました。

 

枕営業の噂がありましたが、これは2016に放送された山田涼介が主演の月9ドラマ「カインとアベル」についての情報でした。

このドラマ、各マスコミでは当初のリリース通り「兄へのコンプレックスと父に認められたいという思いを持った主人公の高田優が、家族や仕事、そして恋する人とのせめぎ合い、葛藤を通じ、本当に大切なものをつかもうとする姿を描く」と紹介されていますが、実際にはまったく逆の展開となっています。

山田演じる優くんが、あらゆる問題を“神がかり的”な能力で解決し、マジメに生きてきた兄・隆一(桐谷健太)は弟への嫉妬に狂い、ぶっ壊れていくお話となっているのです。

作中の山田涼介演じる優があまりにも、トントン拍子で出世していくため、枕営業でもしているのでは?と噂されたのがきっかけでした。

 

SMAPの枕営業

SMAPは1991年にデビューし、2016年に解散したアイドルグループです。

そのSMAPについて、枕営業の噂が話題になりました。

芸能記者の松本佳子が2014年11月10日放送の、ニコニコ生放送「芸能番リターンズ!」という番組内で、

「ある女プロデューサーがね、SMAPの5人のメンバーのうち4人と寝たことがあるって……」

と暴露したのです。

女プロデューサー側が「メンバーを食った」という言い方をしたため、「この場合は枕営業のニュアンスとは違うのでは」という横やりもあったそうです。

しかし、この話が本当で矛盾することがあるようです。

 

SMAPの番組も手掛けたプロデューサーによると、

  • 「SMAPは90年代前半には人気爆発しており女プロデューサーと寝るほど困っていない。」
  • 「下積み時代は未成年のため、行き帰りに親が付き添いのため不可能。」

とのことで信憑性は低いようです

 

滝沢秀明の枕営業

滝沢秀明は、ジャニーズJr.時代にはリーダーとして活躍し、その後、今井翼と共に2002年に「タッキー&翼」としてデビューしました。

現在は、2018年12月末にて芸能活動を引退し、ジャニーズJr.をプロデュースする「株式会社ジャニーズアイランド」の社長に就任しています。

そんな、滝沢秀明はジャニー喜多川のお気に入りの1人であります。

やはり、お気に入りということで愛人なのではないかという噂がありました。

滝沢秀明がジャニーズJr.の時代の話を元ジャニーズJr.が証言しています。

滝沢秀明は地方でのイベントの仕事があったため、元ジャニーズJr.の証言者と同じホテルの部屋にて宿泊をしていました。

その日の夜中、ジャニー喜多川が酔っ払った様子で、2人が寝ている部屋に入ってたそうです。

ジャニー喜多川は、元ジャニーズJr.の証言者が寝ているベッドに潜り込みました。

するとお口でコトを済ませ、次は滝沢秀明が寝ているベッドへ潜り込みました。

滝沢秀明のベッドを見ると、ジャニー喜多川と滝沢秀明の体が、激しく動いている光景があったのだそうです。

滝沢秀明は、この噂を否定していますが、真実は不明です。

しかし、嵐の件もありますので、信憑性は高いと思われます。

 

堂本剛の枕営業

堂本剛は、1997年に堂本光一と共に「Kinki kids」としてデビューしました。

その後、2017年に突発性難聴と診断され、現在は治療を続けながら活動を続けています。

そんな堂本剛は、ジャニー喜多川のお気に入りであり、その中でもスペオキと呼ばれる特別なお気に入りです。

スペオキとは、「スペシャルお気に入り」の略です。

そのため、堂本剛がジャニー喜多川愛人なのではないかという噂が話題になりました。

噂になった原因は、ジャニー喜多川が自分のマンションを堂本剛の名義にし、住まわせていることのようです。

逆に堂本光一には厳しい対応のようで、堂本剛がジャニー喜多川から「テーブルに足を乗せてリラックスしなよ」言われたので、同じく堂本光一が足を乗せたところ怒られたそうです。

堂本剛は、ジャニー喜多川の特別なお気に入りであることがわかっていますが、枕営業の情報はありませんでした。

 

中山優馬の枕営業

中山優馬は、2009年からHey!Say!JUMPの山田涼介、知念侑李と共にNYC」としてデビューしました。

その後、2012年よりソロで活動し、2013年にNYCは解散しました。

この中山優馬も、ジャニー喜多川の「スペオキ」と呼ばれるほどのお気に入りです。

2006年の入所から、あまり経たずにジャニーズJr.内でのグループを結成し、2008年には、ドラマ「バッテリー」にてドラマ初出演にも関わらず初主演を務めました。

さすがスペオキと呼ばれる内容の特別待遇でしたが、枕営業の情報はありませんでした。

また、最近では、舞台での活動が多くあまりテレビに出演することがありません。

ジャニー喜多川のスペオキではなくなった可能性があるようです。

 

ジャニ―ズの枕営業まとめ

今回は、ジャニーズ事務所の枕営業についてまとめてみました。

まとめたところ、20年ほど前まではジャニー喜多川のセクハラが行われていたようですが、最近では噂だけのようで、信憑性は低いようです。

ジャニー喜多川の容体が危ぶまれる現在、お気に入りの滝沢秀明が時期社長になるのか、今後の世代交代も気になるところです。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.