明智光秀の家紋の意味や読み方は?日光東照宮にある?

「明智光秀」の画像検索結果

明智光秀と言えば、織田信長を1582年6月21日に「本能寺の変」で倒したことで有名ですね。

「明智光秀」の画像検索結果

明智光秀は、

しかし、明智光秀は、「柴田勝家」「滝川一益」「羽柴秀吉」と並び、「織田四天王」の一人で、織田信長に絶対的な信頼を得ていました。

2020年の大河ドラマ『麒麟が来る』では明智光秀が取り上げられるようですね。

明智光秀役は俳優の長谷川博己が演じるようです。

「大河ドラマ 明智光秀」の画像検索結果

楽しみですね。

明智光秀の家紋は「桔梗紋」です。

「明智光秀 桔梗紋」の画像検索結果

桔梗紋は元々、美濃(現在の岐阜県)に一大勢力を築いた土岐氏が使用していた家紋です。

明智光秀の部隊は桔梗紋を記した水色の旗を使用していました。

「明智光秀 旗」の画像検索結果

桔梗紋の読み方は「ききょうもん」です。

桔梗の花は「吉凶を占う花」として使われており、桔梗の花を投げて、それを見て運勢が「吉なのか、凶なのか」を占いました。

やがて、「吉凶」という言葉から「桔梗」となり、花の名前として定着しました。

桔梗という文字の木偏を取り除くと、「吉」と「更」という文字になります。

そのため、「更に吉」という意味と捉えられ、演技が良いとされていました。

本能寺の変で、織田信長を倒した後、天下人となった明智光秀ですが、豊臣秀吉によって、1582年7月2日「山崎の戦い(合戦)」で討たれてしまいます。

「山崎の戦」の画像検索結果

天下人になれたのはたったの11日(13日という説など諸説ある)間だけでした。

そのことから、「三日天下」という言葉が生まれています。

「三日天下」の画像検索結果

実際、明智光秀が天下を取ったのは三日以上ですが、「三日」とは三日坊主という言葉があるように少ない数を表す言葉として使われています。

そういうこともあって、その後明智光秀の家紋である「桔梗紋」は「裏切り者の家紋」ということで敬遠されていました。

桔梗紋を使用していた人物①:加藤清正

「加藤清正」の画像検索結果

しかし、豊臣秀吉に仕えていた加藤清正は「蛇の目紋」と「桔梗紋」を併用して使っています。

以下の写真は、蛇の目紋です。

「蛇の目紋 加藤清正」の画像検索結果

本来「蛇の目紋」を家紋としていた加藤清正ですが、豊臣秀吉から肥後半国を与えられた際、失脚した「尾藤知宣」が使用していた桔梗紋をも与えてもらいました。

それ以降、加藤清正は「蛇の目紋」と「桔梗紋」を併用するようになりました。

また、加藤清正の前にも「桔梗の家紋」を使用していた武将や歴史上の人物は数人います。

桔梗紋を使用していた人物②:山本昌景

「赤備え 山本昌景」の画像検索結果

武田四天王の一人。

スポンサーリンク

武田最強と言われた「赤備え」を率いてたことで有名。

織田、徳川連合軍との「長篠の合戦」で討たれる。

「赤備え」の画像検索結果

以下、赤備えの説明。

戦国武将・武田信玄が擁した戦国最強の騎馬軍団。 山県昌景が率いていたことで有名。 武田崩壊のちは、徳川家康の家臣・井伊直政に受け継がれることとなる。

簡単に言うと、朱色の甲冑を着た騎馬隊です。

山形昌景は当時めちゃくちゃ強い武将だったので、山県昌景の首は、武田軍との戦で一番の価値が付けられたと言われています。

因みに猛将で知られる真田信繫(幸村)や井伊直政が赤い鎧を身につけていましたが、これは山県昌景をリスペクトしていたからです。

桔梗紋を使用していた人物③坂本龍馬

「坂本龍馬」の画像検索結果

坂本龍馬は元々は、「丸に田紋」を使用していましたが、「組合角に桔梗紋」を使用していました。

以下の写真は田に丸紋です。

「田に丸紋」の画像検索結果

組み合い角」というのは、方角の八方を表していて結界のような意味があります。

「組合角に桔梗紋」は別名「組み合わせ角に桔梗」「違枡(ちがいますききょう)」とも呼ばれています。

なぜ、坂本龍馬が途中で「丸に田紋」から「組合角に桔梗紋」に変えたのかの理由ははっきりしていません。

一説によると、郷土坂本家が誕生するにあたって、新しく家紋を決めたと言われています。

「明智光秀 桔梗紋」の画像検索結果

「桔梗紋」は一時期は裏切り者の家紋として敬遠されていましたが、桔梗紋に秘められた意味には、「更に吉な上に、千勝の縁起が担げ、魔よけにもなる」という万能な家紋です。

因みに先に述べた家紋以外にも、「丸に桔梗」「八重桔梗」「結び桔梗」「裏桔梗」「三つ割り八重桔梗」「亀甲に桔梗」「五瓜に桔梗」「上がり藤に桔梗」などなど様々な組み合わせがあり、全部で70種類以上あります。

明智光秀の桔梗紋が日光東照宮にある?

「日光東照宮」の画像検索結果

ネット上では、日光東照宮に明智光秀の家紋「桔梗紋」がある話題になっています。

1.陽明門の門衛の袴の紋(裾に桔梗の紋らしきものが見える)

陽明門の門衛の袴の紋(裾に桔梗の紋らしきものが見える)

2.鐘楼の壁やひさしの紋(ひさしを支える柱などで確認できる)

鐘楼の壁やひさしの紋(ひさしを支える柱などで確認できる)

しかし、この2つは桔梗紋ではありません。

一つ目は織田家の家紋「木瓜紋」で二つ目そもそも家紋ではありません。

→【関連記事】織田信長の家紋・旗の意味や由来は?きゅうり?足利義昭との関係は?

桔梗紋は人気の高い家紋なので、いろんな人が使っていますが、残念ながら日光東照宮には使用されていませんでした。

スポンサーリンク

それではHave a nice day!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする