ウトロ地区は安田美沙子の父親の出身地?実家や住所は?生い立ちは?

「ウトロ地区」の画像検索結果

京都にウトロ地区という在日朝鮮人が不法占拠している地区があります。

その歴史は古く戦後GHQの帰国勧告で帰らなかった朝鮮人や帰る金がなかった朝鮮人が住みついている地域です。

最近では老朽化が激しいため、国の資金でウトロ地区の近く市営住宅を建設し、そこにウトロ地区の住人が移り住んでいるようです。

コチラの画像はウトロ地区の市営住宅です。

「ウトロ地区 市営」の画像検索結果

コチラの画像はウトロ地区の町並みです。

以下、ウトロ地区に住所ついてWikipediaからの抜粋です。
ウトロ地区(ウトロちく)は、京都府宇治市伊勢田町51番地に所在する地区(伊勢田町小字ウトロ)。在日韓国・朝鮮人の集住地域のひとつで、自衛隊大久保駐屯地の北隣に展開している。
ウトロ地区という名称は正式名所ではなく、俗称です。
「ウトロ地区」とはあくまで通称であり、正式な地名(町丁)ではない。本来の正しい地名は宇土口(うとぐち)であるが、誤記や誤読によって「ウトロ」へと変化したと考えられている。故に北海道のウトロとは全く関係ない。
元々は、宇土口と言う名称だったが誤読や誤表記によって、ウトロと言われるようになったと言われています。

また、北海道にもウトロと言う場所があるのですが、北海道のウトロとは無関係です。

コチラの画像はウトロ遠景です。

ウトロは、北海道オホーツク総合振興局斜里郡斜里町にある地名である。漢字表記は宇登呂[1]。語源はアイヌ語の「ウトゥルチクシ (Uturu-ci-kus-i) 」であり、「その間を-我々が-通る-所」という意味である。

スポンサーリンク

北海道の方のウトロは在日朝鮮人との関係はなく、アイヌ語をルーツとしています。

ウトロ地区はタレントの安田美沙子とその父親の出身地?実家や住所は?生い立ちは?

「安田美沙子」の画像検索結果

ウトロ地区ですが、タレントの安田美沙子とのその父親の出身地と言われているので調べてみました。

以下、安田美沙子のウイキペディアから抜粋です。

1982年、母親の実家がある北海道札幌市で、双子として生まれた。その後は京都府で育ち、京都府北部の大宮町(現:京丹後市)の大宮第一小学校に一年生まで在籍、小学校二年生から宇治に引越し、宇治市立岡屋小学校、宇治市立東宇治中学校を経て京都府立東宇治高等学校卒業、摂南大学国際言語学部中退。

安田美沙子って双子として生まれたんですね。

「安田美沙子 双子 」の画像検索結果

似ていますね。

で、本題に戻ります。

安田美沙子は生まれが「北海道札幌市」とあります。

その後、父親の仕事の関係で京丹後→宇治と引っ越ししています。

この宇治市という場所がウトロ地区がある場所と同じなんですね。

しかし、一口に宇治市と言っても広く、宇治市に住んでいたというだけで、安田美沙子とその父親が在日朝鮮人と断定することはできません。

また、ウトロ地区の住民は朝鮮人とその子孫です。

そのため、普通は生まれも育ちもウトロ地区ということになります。

安田美沙子の父親がウトロ地区で生まれ育ったという情報はありません。

「ウトロ地区」の画像検索結果

結論!!

安田美沙子とその父親がウトロ地区出身という可能性は極めて低いでしょう。

安田美沙子の現在の旦那は?

「安田美沙子 旦那」の画像検索結果

安田美沙子はイケメンデザイナーの下鳥直之と結婚しています。

下鳥直之は一度、安田美沙子に浮気がバレ、離婚は秒読みと噂されていたこともありましたが、安田美沙子が寛大な心で許したことのは有名なエピソードですよね。

スポンサーリンク

それではHave a nice day!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする