日本人のフィリピンの観光ビザの申請・延長の方法は?費用は持ち物は何?

「フィリピン セブ」の画像検索結果

フィリピンに旅行、留学する方は多いと思いますが、場合によっては、ビザが必要になります。

フィリピンのビザは全部で14種類ありますが、通常必要となるのは観光ビザです。

日本人なら30日以内の滞在だとビザは不要です。

30日を超えて滞在する場合にビザの申請が必要なってきます。

仮に不法滞在をした場合、不法滞在した日数×500ペソ(約1,000円)の罰金を食らうのでご注意ください。

【ビザ】30日間以内の滞在ならビザ不要。

31日以上の滞在を希望する場合、59日間有効のツーリストビザを日本のフィリピン大使館や総領事館で取得できる。

また現地で滞在延長手続きをすることもでき、1回目は29日間まで延長できる。

【パスポート】フィリピン出国日まで有効であることが条件。

ビザの延長は日本でする方法とフィリピンでする方法があります。

観光ビザの延長方法は?【日本】

フィリピンで観光ビザを延長する場合は3,030ペソ(約7,000円)が必要となりますが、日本で取得する場合は無料です。(日本では59日まで滞在することができるツーリストビザを発行できる)

そのため、フィリピンに30日以上渡航することが決まっている場合は、予め日本でビザを取得することをオススメします。

※在大阪・神戸フィリピン総領事館への電話ですが、人が不在の場合が多いらしくかなり通じにくいです。自動的に電話が切れることもしばしば。。

フィリピン共和国大使館領事館の方に問い合わせすることをオススメします。

【申請できる場所】

  • フィリピン共和国大使館領事館
    • 住所:〒106-8537東京都港区六本木5-15-5
    • TEL:03-5562-1600
  • 在大阪・神戸フィリピン総領事館
    • 住所:〒540-6124大阪府大阪市中央区城見2-1-61 Twin 21 MID Tower 24F
    • TEL:06-6910-7881

【必要な書類】

  • パスポート原本
  • パスポート写真のあるページのコピー…1部
  • 証明写真(3.5cm×4.5cm、フルカラー)…1枚
  • ビザ申請書(領事館窓口でもらうことも可能)
  • 経済能力を証明する書類
    • 収入がある場合:預金通帳の原本+最新の取引明細あるいは残高証明書
    • 収入がない場合:親族などによる身元保証書+身元保証品の身分証明書+身元保証人の預金通帳の原本+最新の取引明細あるいは残高証明書
  • 職業を証明する書類
    • 学生の場合:在学証明書
    • 雇用されている場合:雇用証明書
    • 自営業の場合:登記簿謄本
    • 無職の場合:無職または退職者であることの申述書(英語で記入、形式自由)
  • フィリピン国内の滞在証明(ホテルの予約確認書など)
  • フライトスケジュールがわかる書類(E-チケットなど)

【かかる費】

なし

【発給にかかる時間】

5営業日

※ビザの申請がおりてから、5営業日が必要ということなので、実際は2~3週間必要とのことです。

観光ビザの延長方法は?【フィリピン】

「フィリピン セブ」の画像検索結果

フィリピンで観光ビザ延長の申請を行う場合には、日本の場合と異なり、3,030ペソ(7,000円)の費用が必要となります。

しかし、費用がかかる反面、日本よりも短時間で必要書類も少なくて済みます。

【持ち物】

  • パスポート
  • 2インチ×2インチの証明写真(正面、無帽、メガネなし、白背景)
  • 申込用紙(入国管理局で入手します)
  • 手数料 3,030ペソ

【場所】

【申請できる場所】

フィリピンの各都市にあるイミグレーション(入国管理局)で申請します。重要都市のイミグレーションはフィリピン入国管理局サイトに記載されています。

  • マニラ(MANIRA BUREAU OF IMMIGRATION)
    • 住所:Magallanes Drive, Intramuros 1002 Manila
    • TEL:(02)527-3251
  • クラーク(CLARK IMMIGRATION ONE STOP SHOP)
    • 住所:2nd Floor, Clark Development Corp. Building 2127 Clark Special Economic Zone, Pampanga
    • TEL:(045) 499 – 3125
  • バキオ(BAGUIO IMMIGRATION FIELD OFFICE)
    • 住所:#38 Wagner Road, Military Cut-Off, Baguio City, Benguet, 2600
    • TEL:(074) 447 – 0805
  • セブ(CEBU IMMIGRATION DISTRICT OFFICE)
    • 住所:2nd Level J Centre Mall, A.S Fortuna St., Bakilid, Mandaue City, Cebu 6014
    • TEL:(032) 345-6441
  • バコロド(BACOLOD IMMIGRATION FIELD OFFICE)
    • 住所:Aguinaldo Street, Bacolod City, 6100
    • TEL:(034) 433 – 8581
  • イロイロ(ILOILO IMMIGRATION DISTRICT OFFICE)
    • 住所:Customs Building, Aduana Street, 5000 Iloilo City
    • TEL:(033) 336 – 9603
  • ダバオ(DAVAO IMMIGRATION DISTRICT OFFICE)
    • 住所:JP Laurel Avenue, Bajada, Davao City
    • TEL:(082) 232-8076

【必要な書類】

スポンサーリンク

  • パスポート
  • 証明写真(2インチ×2インチ、背景は白)…1枚
  • ビザ申請書(窓口でもらうことも可能)

【かかる費用】

3030ペソ(約7000円)

発給にかかる時間

  • マニラ:10分〜数時間
  • マニラ以外の都市:数日

【留意点】

延長手続きは、フィリピンに入国して30日以内に行いましょう。遅滞すると、1ヶ月あたり500ペソ(約1100円)のペナルティが課されます。

また、フィリピン入国時にも注意が必要です。ビザなしで入国することになるため、税関で帰国用航空券の提示を求められる可能が高いです。航空券を用意していなければ、ビザを延長することを伝えましょう。「I’m going to extend my visa.」と言えば通じます。

基本的に観光で滞在することを伝えることができれば拒否されることは少ないです。

観光ビザの延長にかかる費用【フィリピン】

「フィリピン」の画像検索結果

滞在期間 1カ月更新 2カ月更新
延長料金 累計 延長料金 累計
~29日(約1カ月) P0 P0 P0 P0
~59日(約2カ月) P3,030 P3,030 P3,030 P3,030
~89日(約3カ月) P7,300 P10,330 P7,800 P10,830
~119日(約4カ月) P2,300 P12,660 P10,830
~149日(約5カ月) P2,300 P14,990 P2,830 P13,660
~179日(約6カ月) P2,300 P17,320 P13,660
~209日(約7カ月) P3,740 P21,060 P4,240 P17,900
~239日(約8カ月) P3,749 P24,800 P17,900
~269日(約9カ月) P3,749 P28,540 P4,240 P22,140
~299日(約10カ月) P3,749 P32,280 P22,140
~329日(約11カ月) P3,749 P36,020 P4,240 P26,380
~359日(約12カ月) P3,749 P39,760 P26,380

観光ビザの記載方法【フィリピン】

「フィリピン」の画像検索結果

観光ビザの記載方法は以下のとおりです。

ビザの申請用紙

ビザの申請用紙2

Alien-Registration-Program

スポンサーリンク

それではHave a nice day!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする