フィリピンで使える便利なおすすめ国際キャッシュカードは?

フィリピンに仕事や短期留学でキャッシュカードの選び方について紹介します。

国際キャッシュカードとは?

国際キャッシュカードというのは、現地のATMなどから、日本の銀行のキャッシュカードをつかって円口座から現地の通貨を引き出すことができるシステムです。

つまり日本で普通口座さえ開設しておけば、どこの国へ行ってもその国の通貨が直接引き出せるという便利なものです。そのため、特に短期の留学であれば、わざわざ現地で銀行口座をオープンするまでにはいたりませんし、また1回1回両替するのも面倒なことですから、短期留学に最適なカードだといえます。

当たり前ですが、クレジットカードとは別物です。

クレジットカードだと、紛失した場合、暗証番号がわからなくてもコンビニで使えてしまったりするリスクがあるので、短期滞在者にはオススメしません。

キャッシュカード機能を持つカードについて以下のようにまとめました。

【カードの種類】

国際キャッシュカード ジャパンネット銀行、新生銀行、楽天銀行。JTB専用引き出しMONEYT GROBAL
国際デビットカード 三菱UFJ-VISAデビット、りそな銀行デビット、スルガ銀行デビット等があります。

上記の表の中でもオススメのカードについて以下にまとめました。

スポンサーリンク

【おすすめカード】

ジャパネット銀行 発行手数料、年会費、入会金無料(換算レートが最も低くお得)
新生銀行 発行手数料、年会費、入会金無料、引き出し手数料無料
MoneyTGrobal 発行手数料、年会費、入会金無料、引き出し手数料無料

長期出張、長期留学はシティバンクがオススメ!

フィリピンに長期滞在する場合は、シティバンクがオススメです。

フィリピンに行くと分かりますが、シティバンクの店舗が多く点在していますね。

店舗が多いので安心できます。

SMモールやアヤラモールなど大きいショッピングモールでもよく見かけます。

【シティバンクのメリット】

  • 海外普通預金口座への海外送金・・・手数料比較的少ない、手続きが平易。
  • ゴールドカードにした場合・・・手数料無料
  • 海外送金・・・数日で完了
  • 問い合わせスピード・・・速い

【シティバンクのデメリット】

スポンサーリンク

維持費がかかる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする